アルヴァ・アアルト(Alvar Aalto)

アルヴァ・アアルト(Alvar Aalto)

アルヴァ・アアルト(Alvar Aalto)は1898年フィンランドのクオルタネに生まれた建築家、デザイナーです。1921年にヘルシンキ工科大学で建築家の資格を取得後、ユヴァスキュラで最初の建築事務所を設立。1927年、事務所はトゥルクに移転しています。
アアルトの作品は、1920年代後半に新古典主義から機能主義へと発展し、1930年代には有機的な形態や自然素材、空間の扱い方の自由度向上などにより、その表現力は豊かになっていきました。
フィンランドらしい建築のあり方を追求したアアルトは、北欧諸国の建築を語る上で欠かせない存在であり、総合芸術を目指した彼のデザインは、建物だけでなく家具やランプ、ガラス製品のデザインなど、インテリアにも多くの事例を残しています。

1-9件を表示/全9件