ボーエ・モーエンセン(Borge Mogensen)

ボーエ・モーエンセン(Borge Mogensen)

ボーエ・モーエンセン(Borge Mogensen)は1914年デンマークのオールボーに生まれ、1934年に家具マイスターを獲得、その後様々な場所で家具デザインを学び、FDBモブラーのプロダクトデザインマネージャーに就任します。FDBモブラー退社後も培ったシェーカー様式をアレンジした家具を数多く制作し、数々の名作を残しています。
モーエンセンは「家具は人を幸せにする」という心情をもとに家具を作り続けていました。シンプルで堅実なデザインが特徴的なモーエンセンの家具は、デザインだけではなく、人間工学に基づいた設計がされ、居心地の良い家具ばかりです。
代表作はFDBから「庶民のために安くて質の良い椅子を作ってほしい」という依頼を受け作られたシェーカーチェア(J39)や、スペイン旅行中にインスピレーションを受けてデザインしたスパニッシュチェア(2226)が有名です。

1-9件を表示/全9件